のぼり旗のそれぞれの活用法

のぼりの制作方法:HOME

自分だけ、私の店だけののぼりづくり
思ったように売り上げが伸びず悩んでいる方にぜひ検討してみていただきたい
宣伝ツールがあります。

それはのぼり旗による販売促進です。

のぼり旗は広告媒体としては非常に安価で製作することができ、一目で言いたいことを
伝えるにはもってこいのアイテムです。

こののぼり旗は、基本的にどんな業種でも活用することができます。
ここでは中古車販売のための活用法についてご説明します。

活用方法

ひとくちに中古車といっても、文字通りにポンコツであるものもあれば、これが中古車かというような、
新車同様のものもあるといった具合で、まさに玉石混交ですから、そこでは思わぬ掘り出し物が見つかって、
上手くすれば新車同然の車が格安価格で手に入る、といったこともあるために、今や中古車市場は
一大産業となっているわけです。

中古車販売店は何といっても安さが売り物ですから、その展示場兼用の販売場には
その格安価格を売り物にしたのぼりがこれでもかと林立している、というのが
すっかりお馴染みの光景となっています。

のぼり旗への知識を増やす

そうしたのぼりには、「驚きの格安価格」といったような、街角で配られている
チラシ広告そのままのようなキャッチフレーズが踊っていたりします。

こうした中古車販売店には、雑誌広告などを見て訪れるお客もいるわけですが、車で道路を走っていて、
道路沿いにある中古車販売店を見つけて、といったお客も少なくないわけで、そうしたお客の目を引き付ける
目玉となっているのが、店頭に林立しているのぼりなのですから、こののぼりのキャッチフレーズが
大きな役割を果たしている、というわけなのです。

 

のぼり旗を建てるときは注意!景観を守る「屋外広告物法」について

のぼり旗を建てる際は注意が必要で、景観を守るために屋外広告物法が制定されています。
屋外広告物法は屋外にある広告物を取り締まるために制定された法律で、景観法の創設に従って屋外広告も良い景観に影響を与える観点から改正されました。

屋外広告物の定義として、立看板や広告旗、広告看板や広告塔など屋外広告物と規定されています。
のぼりなどもこの対象になり、屋外広告物の表示や屋外広告物を掲出する物件の設置を行う営業について、屋外広告業と呼んでいます。
都道府県にある地方公共団体によって、良好な景観を維持するため必要と認める際、一部のエリアにおいて屋外広告物の表示や掲出などを条例によって禁止することが可能です。

屋外広告物条例に違反している屋外広告物に関して、期限を定めて除却を命令できます。
但し、立看板やのぼりなどについて、簡易除却制度があり通知や公告なしに立看板やのぼりなどを即時撤去することが可能です。

例えば道路沿いやビルの外に設置している看板やポスターなどが対象になり、のぼりなどの屋外広告物を設置するのに、あらかじめ許可が必要になるのです。
電柱や外灯などの設置禁止物件もあり、屋外広告物を禁止するエリアがあるので市役所などで確認しなければいけません。
屋外広告物の対象として、常時または一定期間継続し屋外において公衆に表示されるアイテムと定義されています。
街で見かけるような立看板やポスター、のぼりや広告板、広告塔なども該当します。このようなアイテムを設置したり掲示する場合、基本的に許可が必要になるので市役所などで申請手続きを行わなければいけません。

自家用広告物の場合も、一定面積を超えると許可が必要です。一般的に設置を禁止している場所や、表示面積や高さなどの基準が規定されているので確認することをおすすめします。

新規に設置したい場合、いくつか書類を揃えて申請する仕組みです。
許可申請書や位置図、設置方法などが分かる図面などを準備しましょう。屋外広告物申請は手数料がかかり、金額は数量や大きさなどによって変更します。既に設置済みの屋外広告物を更新したり継続し設置したい場合、許可期間が満了するまでに書類を提出しなければいけません。

許可申請などを準備し、広告物の現状などが分かる写真を準備します。のぼりなどの広告物は好きな場所に提示することができないので、対象エリアにある市役所など地方自治体において確認することをおすすめします。