のぼり旗のそれぞれの活用法

オリジナルののぼり旗に見込める効果と集客

のぼり旗を活かす
オリジナルでのぼり旗を作るのには、どれだけの集客効果が
見込めるのでしょうか。

劇的に効果が出るのか、それともまったく反応がない場合も
あるのかというのが気になるでしょう。

オリジナルのぼり旗で効果が出るかどうかは、いかに状況に
合ったのぼり旗を立てることが出来るかというのがあります。

効果的なのぼり

お客様のターゲットを絞っているのであれば、
そのターゲットに合わせたオリジナルのぼり旗が
必要になりますので、オリジナルで作成するときには、
意味のあるものを作らなくてはなりません。

例えば週末と平日ではターゲットが違うのであれば、
その時々で建てるのぼり旗を変えていくといいでしょう。

平日には女性をターゲットにしているのであれば、
レディースランチは食後にデザートサービスとか、
週末は子供連れをターゲットにしているのであれば
お子様セットにおもちゃ付きなど、
ターゲットに合わせた内容にすることです。

のぼり旗をたびたび付け替えるのが面倒なのであれば、
ポールを余分に用意するようにしておき、のぼり旗を
つけたままポールだけを入れ替えるようにしておけば、
手間を減らすことが出来ます。

のぼり旗をたびたび好感しなくてはならない場合に
いちいちポールから外すのは面倒です。

一枚だけならいいですが、数枚ある場合には
時間もかかることになるでしょう。

手間を減らすためには、最初からポールを余分に用意して
おくことによって、手早く内容を変えることが出来るでしょう。

のぼり旗注文前に確認したいサンプル

初めてオリジナルのぼり旗の作成を依頼するときには
品質や仕上がり状態が心配になる事がありますが、
使用する生地やカラーの発色、旗の構造などが心配なら
注文する前にサンプルを取り寄せて確認を行うべきです。サンプルをチェック

オリジナルのぼり旗を作るときに使用される生地で
多いのは、テトロンポンジと呼ばれるもので
ポリエステル100%でできており、風にはためいて
きれいに見せる事ができる特徴があります。

片面だけにプリントしただけでも透けて見えるので、
どちらからでも文字を確認することが可能なタイプですから、
両面プリントよりも安く仕上げることが出来る特徴があります。

耐久性が気になる場合には少し厚手のトロピカル生地などもあります。

実際に生地を見ることで納得できるオリジナルのぼり旗作りの
参考になります。

のぼり旗はチチテープをポールに通す場合と、袋縫い加工を
して通す場合とがあります。

強風でまくり上がって見えなくなることを防ぐのに
袋縫い加工が適していますが、風になびく感じが
違ってくるので、心配な人はサンプルで確かめた方が
良いです。

無料生地サンプルで、カラーバリエーションを
確認したり、色校正の参考にすることも可能です。

デザインなどを考えて作成を依頼した後に
オリジナルのぼり旗を失敗したくない場合には、
製作前に印刷した実物の確認が可能な業者に
依頼すると良いです。

実際の仕上がりよりも小さなサイズを仮作成して
送ってくれるので、より仕上がりイメージができやすくなります。